日本人プレイヤーのための2つの簡単なポットリミットオマハハック 618x288 - 日本のプレイヤー向け、簡単なポットリミット・オマハ2つのコツ

日本のプレイヤー向け、簡単なポットリミット・オマハ2つのコツ

ポットリミット・オマハはテキサス・ホールデムと似ています。唯一の違いは各プレイヤーに2枚ではなく4枚のカードが配られることです。より多くのカードを持つため、ハンドの強さもより増すこととなります。

テキサス・ホールデムのモンスターハンドと比べて、ほとんどの場合、ストレート、フラッシュ、フルハウスで勝つことになります。

ポットリミット・オマハでも、強い精神状態を保つことは大切です。なぜなら、バリエーションがずっと豊富であり、短い時間の中で運が大きな役割を果たすからです。

理論はさておき、多くの人は具体的な方法を知りたいと思っているはずです。上で述べたように、各プレイヤーには4枚のカードが配られます。初回のベッティングの後は、ボードに3枚のカードが配られます。これをフロップと言います。その後またベッティングラウンドがあり、もう1枚のコミュニティカードが配られますが、これをターンと言います。

3度目のベッティングラウンドでは最後のカードであるリバーが来て、その後最後のベッティングラウンドとなります。他のバリエーションのように、コミュニティカードはオープンであり、各プレイヤーが使うことができます。各ラウンドでチェック、コール、ベット、レイズ、フォールドを選ぶことができます。

テーブルが満席になった時、または合計で 40 枚のカードが配られる10人のプレイヤーがいるゲームでは、5枚のコミュニティカード、52枚で構成されたデッキが用意されます。ハンドの最後には、使われなかったカードは7枚のみとなます。

オマハのハンドの強い順ランキング

日本のプレイヤーのための2つの簡単なポット制限オマハハック オマハハンズ最高から最低へのランキング 1024x602 - 日本のプレイヤー向け、簡単なポットリミット・オマハ2つのコツ

まず最初に挙げられるのがロイヤルフラッシュで、その次がストレートフラッシュです。3番目はフォー・オブ・ア・カインド、4番目がフルハウスです。5番目はフラッシュ、そしてストレート、スリー・オブ・ア・カインド、ツーペア、ワンペア、ハイカードと続きます。

ポットリミット・オマハが特別な理由は、他の特徴にもあります。それはもちろん、無制限というベットのサイズです。最大のレイズは、その時点でのポットのサイズによります。もう一つ覚えておきたいことに、自身のエクイティとプレイアビリティがあります。

この2つを知り、自分のハンドのプリフロップとプレイアビリティどちらも理解することがとても重要となってきます。また、対戦相手のフロップのレンジに対するおおよそのエクイティも知る必要があります。

初心者が最もしやすいミスは、3ベットを間違ったレンジで行ってしまうことです。すべてのエース、またキングやクイーンでさえホールデムからオマハに移してしまうプレーヤーもいます。

リンプ・ビハインド・BU(ボタン)

日本のプレイヤーのための2つの簡単なポットリミットオマハハック BUの後ろにLimping 1024x602 - 日本のプレイヤー向け、簡単なポットリミット・オマハ2つのコツ

ホールデムに対し、リンパーに対して後のポジションから独立したレイズを行うのはポットリミット・オマハでは必須ではありません。リンプ・ビハインドを多くの場面でミスではなくアドバンテージとするためには、良いポストフロップ・プレイとポジションは大変重要です。

プレイヤーの目的は、ゲームのすべてのスタイルをマスターし、多才なプレイヤーになることです。あらゆるスキルを身に着けるのと同じように、新しいバリエーションを覚えるのは簡単ではありません。環境を変えたりコンフォートゾーンを抜け出したりするのは難しいことです。

もしポットリミット・オマハが一見複雑に見えたとしても、恐れることはありません。ゲームと戦略を一度理解してしまえば、とても簡単でうまみのあるゲームです。

これはあなたを多才なプレイヤーになるというゴールに一歩近づけてくれるもので、将来的に役に立つことになります。